ある日の探偵の一日

依頼中の案件によって勤務時間はまちまち

例えば現在の案件が配偶者(男性)の浮気調査であるとします。
調査の対象であるサラリーマン男性である場合、仕事を終えてからの時間がもっとも怪しいため、本格的に追跡調査行動を開始するのは夕方17時以降から自宅へ帰るまでの間となります。浮気相手と行ったレストランからホテルまで、そして帰宅するまでの尾行調査をします。
その仕事に出るまでの間、朝は出社してから前夜集めた情報や撮影データのまとめをし、空いた時間には別の依頼者からの相談を受けたり、事務所内で情報を集めたり、本日の機材の点検をしたり、充電を入念に行います。
また調査の終わった案件についての報告書をまとめたりします。浮気調査の場合、この提出される報告書が証拠となり、裁判官の判断材料となる事になるため、専門知識を必要とした重要な書類となります。

持ち物のお手入れや準備

探偵事務所においては、売り上げの30%を宣伝や広報活動に費やしているといわれており、空いている時間には宣伝広告にも力を入れた活動を行っているようです。
また探偵の使う道具は専門的な機材が多いため、充電や手入れを常に行い、いつでも使えるようにしなければなりません。
一般的にほとんどの探偵が使用しているのが、ICレコーダーや無線機器や暗視小型カメラなどがあげられます。
特に浮気調査の際などの証拠写真は、調査相手にばれてしまってはまずいので、特殊なカメラ等もあります。充電器は必需品です。
その他、ノートパソコンや双眼鏡は目立つので単眼鏡も利用します。また変装グッズ一式の他、数日間にわたって張り込みをしなければならなくなる時もあるので、下着の着替えはいつも持ち歩いているそうです。