探偵のお仕事とは

探偵調査といえば、一番多いのは配偶者の浮気調査だと思います。尾行して張り込みをして、証拠写真を撮影してという調査があげられます。ゆくゆくは裁判所に提出していくことになるための調査資料作成も重要な仕事であると言えます。そのほかにどのような依頼があるかも見てみましょう。

ある日の探偵の一日

探偵の一日を考えた時に、決まった答えはありません。一日一日まったく違うスケジュールとなるからです。すべては依頼される案件を中心として動いていきます。そのため定時の決まった仕事を求める人には向いていません。ある日の一日の活動例を見てみましょう。

必要条件ではないけれど、ないと不便な資格等

探偵になるにあたって、持っていなければならないというわけではありませんが、持っていないと不便であるという資格もいろいろとあげられます。 ペーパードライバーではなく、技術の伴った運転免許証や、パソコンや電子機器の操作ができる事が大変重要となります。

依頼率の多い浮気調査

探偵のお仕事は、個人で開業されている方と、探偵社という会社に所属して仕事をされている方が多いようです。
映画やドラマや小説の中での探偵といえば、頭脳を駆使して推理力を働かせて事件を解決したり、かっこよく変装して、華麗に尾行したり追跡したりするイメージを誰もが抱いていると思います。
でも、実際の探偵は華やかさとはもっともかけ離れた地味なお仕事のようです。
探偵になるためには、とくに資格があるわけではありません。案件によっては年齢も学歴も不問です。人生経験をどれだけたくさん積み重ねてきているかや、知識や人とのコミュニケーション能力などが必要となってくると思われます。
最近は探偵学校も開設されており、探偵に関する知識を教えてくれたり、探偵業法で義務付けられている授業を受講することができるようになってきています。その授業内容としては、まずは探偵として必要な知識である、民法や刑法などの法律の勉強に始まり、実地の授業としては張り込みだったり、調査の対象者なのかどうかを判断するための面取りや、尾行の仕方、また資料を調査するための技術を学ぶ授業が行われているようです。
探偵の仕事をすると、日常の社会生活を送る中では直面することのない、人間と人間との感情のぶつかりあいや、社会の在り方を垣間見る事もあるし、また毎日同じことの繰り返しの人生よりは、ドラマティックな毎日を送る事ができ、リスクとも隣り合わせとも言えますが、緊張感のある毎日を送る事ができるという魅力もあります。